白内障日帰り手術,コンタクトレンズ,眼瞼疾患小手術,網膜剥離・緑内障レーザー治療|緒方眼科クリニック|東京都大田区


男女2人の眼科専門医

2人の専門医による、わかりやすく丁寧な説明と検査で皆様の眼の健康をサポート。

白内障日帰り手術対応

白内障手術を中心とした手術経験、約7千例の、確かな技術。

患者様にやさしい院内処方

院内処方のワンストップサービスで、料金と、小さなお子様のいる患者さんのご負担も軽減。

Kontaktlinse auf Finger

眼に安心なコンタクトレンズ

角膜内視細胞検査など専門医による検査で、患者さんの目にあったコンタクトレンズを処方。


白内障について

7000例以上の症例と、大学病院並の施設

白内障とは

白内障の主な原因は目の老化現象で、50歳前後からだんだん発症する方が増えます。 60歳代で70%、80歳以上になるとほぼ100%が白内障になります。

では、この白内障、どんな病気なのでしょうか?

目はよくカメラに例えられますが、白内障はカメラのレンズが雲ってしまう病気です。
カメラのレンズが曇れば、クリアではっきりとしたきれいな写真が撮れませんよね?

最近では治療技術の進歩により、日帰り手術ができるようになりました。

ハイキングの際の景色を楽しむため、車の運転に支障が出ないようにするため…あれ?と思ったらお気軽に医師・スタッフにお尋ね下さい。

 

症状

目には、カメラでいうとレンズの役割をする「水晶体」があります。
これがくもってしまうと、上手に見ることができなくなって、視力が低下します。

主な症状として、多くの方が言われるのが「目がかすむ」ですが、こんな傾向があったら白内障かも知れません。

  • かすんで見える、ものが二重、三重に見える
  • まぶしく感じやすく、明るいところで見えにくい
  • 老眼だったのに、一時的に近くが見えやすくなってきた

治療方法

日常生活に支障がないようであれば、通常は目薬(点眼薬)や内服薬を使います。こちらは白内障を治療することはできませんが、症状の進行を遅らせることができます。

だんだん白内障が進行してきて、日常生活に不便を感じるようになった時はじめて、手術を検討します。
こんな時に手術を考えるようにしましょう。

  • 視力が低下して、生活したり仕事をするのに不便を感じる
  • 外に出るとまぶしくて、周囲が見づらい
  • 視力が0.7以下になって運転免許の更新ができない

 

手術について

緒方眼科クリニックでは、日本眼科学会が認定する眼科専門医が白内障の手術を行います。
これまでに白内障の手術を中心に、7,000例以上の手術を行っています。

白内障手術はどんな手術?

手術を受けても大丈夫な健康状態の方で、手術前後に通院ができるようであれば、日帰りでの手術ができます。入院の必要もありません。

白内障手術は、3mmにも満たない傷から行い、手術時間は、平均10〜20分程度です。
全身状態にはほとんど影響を与えませんし、痛みもほとんどありません。

目の手術…というと怖いイメージがありますよね。確かに手術ですので、絶対安全ではありません。
今は白内障の手術はとても進歩していて、麻酔は点眼薬による局所麻酔だけです。
また、まばたきは自由にしていただけますので、ご安心下さい。

一度手術をすると、その後何度も手術が必要になるの?

白内障の手術は一生に1度だけです。

手術した目にもう一度レンズを入れ直す手術が必要になることは、通常はありません。
目の中に入れた眼内レンズは一生もちます。

費用について

手術費用

1割負担の方 片眼 14,000円程度
2割負担の方 片眼 28,000円程度
3割負担の方 片眼 42,000円程度

上記金額は手術当日の手術代、検査、投薬などを含めたおおよその目安です。
ただし、合併症の有無などにより、投与内容や治療内容が異なるため多少前後することがあります。


診療カレンダー

今月の診療日

Calendar Loading
  • :休診
  • :午後休診
  • :手術日
  • :その他

眼瞼下垂手術 保険診療・日帰り手術