白内障日帰り手術,コンタクトレンズ,眼瞼疾患小手術,網膜剥離・緑内障レーザー治療|緒方眼科クリニック|東京都大田区


男女2人の眼科専門医

2人の専門医による、わかりやすく丁寧な説明と検査で皆様の眼の健康をサポート。

白内障日帰り手術対応

白内障手術を中心とした手術経験、約7千例の、確かな技術。

患者様にやさしい院内処方

院内処方のワンストップサービスで、料金と、小さなお子様のいる患者さんのご負担も軽減。

Kontaktlinse auf Finger

眼に安心なコンタクトレンズ

角膜内視細胞検査など専門医による検査で、患者さんの目にあったコンタクトレンズを処方。


院内処方にこだわる理由

料金

院内処方とは、診察を受けた医療機関で、薬を受け取ることを言います。

最近では、医薬分業が進み、多くの医療機関は調剤薬局で、薬を受け取る院外処方を採用しています。

しかし、緒方眼科クリニックでは、少しでも患者さんのお役に立てるよう、院内処方にこだわっています。

院内処方によるメリット

  1. 調剤薬局等への手数料等がないため、自己負担金額が少ない。
  2. 診察と投薬が1ヶ所でできるので、手間や時間の節約になる。
  3. 薬の追加・変更が、調剤薬局に比べ、簡単にできる。

待ち時間、移動距離をできるだけ短くして、患者さんの負担を減らしたい

緒方眼科クリニックでは、患者さんの利便性を考えて、院内処方を行うことにより、患者さんの待ち時間をできるかぎり少なくするように心がけています。さらに、最新の電子カルテシステムを導入し、診察から会計までの時間を短縮させています。

もちろん、「かかりつけ薬局」がある場合は、院外処方として、処方箋の発行もいたします。お気軽にお申し付けください。

院内処方によって、費用・時間両方にメリットが!

院外処方よりも、安い費用

料金

実は、院外処方ですと、院内処方に比べていろいろな料金が加わるため、患者さんが負担する費用が高くなってしまいます。少しでも患者さんの負担を減らしたい…との思いから、当院では院内処方にしています。

また、院長が安全と判断した場合に限りますが、積極的にジェネリック薬品も取り入れております。

病院で処方される薬の料金(薬剤料)は、保険で国が一律に決めていますので、変えることはできませんが、院内処方を行ったり、きちんとした治療効果と安全性が確認されたジェネリック薬品を取り入れることにより、患者さんの費用負担を抑えることができます。

移動距離ゼロのため、時間と距離のムダを短縮

料金

診療所と薬局の両方で待たされる…というのは、時間的な無駄がかなりあると思いませんか?

特に小さいお子さまがいらっしゃるおうちの方、体調のすぐれない方にとっては、時間と距離のムダは負担に感じられることと思います。

実際診療をしていますと、患者さんのご希望で点眼薬の本数を変更したりすることもあります。このようなときも、院内処方であれば、その場で処方を変更することができて、スムーズです。

診療カレンダー

今月の診療日

Calendar Loading
  • :休診
  • :午後休診
  • :手術日
  • :その他

眼瞼下垂手術 保険診療・日帰り手術